型製作の基本的な流れ

樹脂型

 FRP成形を行う型として最もスタンダードな仕様です。
 樹脂型にすることで金型に比べ低コストの割に長寿命で
 製品の品質が一定した量産品が製作できます。

アルミ型

 アルミ材をメス型に機械加工した金型です。
 樹脂型よりも、長寿命で温度調節機能を組み込める為
 製品の成形サイクルを、あげることができます。

 

 

ブロック直彫り型(試作型・少ロット型)

 従来の樹脂型成形とは違いケミカルブロック材を機械加工
 したものを、そのまま型として使用することで短納期で
 製品をつくる事ができます。
 主に試作・少ロット製品に適しています。
 

樹脂+多素材の割型・入れ子型

 ベースとなる型の中に多様な素材で割型・入れ子型を、
 はめ込んだ仕様です。
 型を分けることによって、従来の形状では抜けない製品や
 製品の表と裏で形状が違うもの・相手部品の座面を任意で
 製作することができます。

FRP切削型

 ウレタン等を粗く機械加工で模りFRPで積層を行った後、
 最後に機械加工で仕上げる型です。
 通常の樹脂型に比べ型作成の最終まで機械加工で行う事で
 型の形状精度が高い型になります。