COMPARISON OF METHODS 

工法比較

型に掛かる初期投資と生産数量の分布から、FRPの従来工法と比較した場合の、L-RTM化が可能な領域を示す図です。
ハンドレイアップやスプレーアップと同様のFRP成形型を使用する事により初期投資を抑え、RTM成形による、成形サイクルの効率化で生産数量の拡大が可能となります。