LIGHT-RESIN TRANSFER MOLDING         

L-RTMとは下型に基材を敷詰め、上型を真空圧で型締めして、型内に樹脂材料を投入・成形する工法で、通常のハンドレイアップやスプレーアップのG-FRP製品と異なり裏表とも平滑面となる為、一般的な樹脂成形品と同様な品質を実現しています。

私たちはL-RTMの言葉の持つ意味を独自に解釈し、より効率よく成形することをテーマとして、限られたスペース、時間、人を有効に活用する為に、設計段階から最終製品の有り方を模索しております。

OUTLINE 

  L-RTM成形概略 

CAVI型(下型) CORE型(上型) 成形状態